1997年に公開された「Postman」を見ました!
上映時間は178分と少し長めでした(*´-`*)

長めでしたがダラダラせずに楽しめたと思います!作品の世界観が良かったですね。酷評が多くちょっと長いけれど,一度は観ておいて損はしない作品です(*´∀`*)繁栄のための郵便の大切さ,それを分かち合って希望を見出していこうとする人物たちの頑張りが素晴らしかったです。

内容的には,嘘をついて始まるポストマンは話の持って行き上仕方がないのでそこは文句はいいません。それよりも,そんな主人公が善人であり魅力的な人物というわけではない,むしろ怠惰なところダメなところを持つ,非常に人間くさい部分がこの作品の良い点だと思います。好感を持ちました(*´-`*)ノ

しかし後半では,もっとさまざまな困難葛藤を盛り込んでいってほしかったですね。せっかくの世界観がそのためにスケールが小さい印象になってしまっているのではないかと思います!

この作品では,やはり人々とのふれあい,愛や希望を人々から受け取っていき,世界はきっと良くなる!と思い続けている想いがストレートに伝わってきました。手紙を通じて希望を取り戻すというテーマ性が満ち溢れた作品でした!!